会社方針

「誠意と信頼」を経営信条に掲げ、顧客満足は勿論、当社で働く社員とその家族、協力会社並びに仕入先様皆様が幸せでいられることを目標に、会社運営することを目指します。

経営理念

「誠意と信頼」を経営信条とし、創意と工夫に努め、品質・価格・納期において納得頂ける様、日々努力しております。
環境面においても環境負荷物質の不使用の徹底、また、周辺に振動・騒音の影響が無いように、防音・防振対策を行っています。

CEO挨拶

昭和9年に大阪市東住吉区で創業以来、金属製品の製作一筋で「品質は企業の命」を信条に現在までまいりました。

敗戦、バブル崩壊、リーマンショックといった、大変な経済危機にも大きく影響されることなく今に至れたのは、優良なお得意先様に恵まれたこと、無茶をせず身の丈にあった経営に徹し、本業を疎かにすること無く安定経営に努めた結果であると考えています。

デジタル化が進み、インターネットが発達した現在でも、昔ながらのプレス加工を必要とする製品は数多く存在します。

今後も、本業を疎かにすること無く、お取引先様に満足いただけるモノづくりを心がけ、フレキシブルに対応できるよう努力を惜しまず邁進していく所存です。

これからもどうぞ、平井製作所を宜しくお願い致します。

代表取締役社長 平井隆之

会社沿革

1934年 (昭和9年)
大阪市東住吉区桑津で、月星印をトレードマークに金属製日用品(バケツなど)
の製作販売を開始
1949年 (昭和24年)
早川電気工業株式会社(現シャープ株式会社)と取引を開始
1959年 (昭和34年)
株式会社平井製作所に改める
1961年 (昭和36年)
本社所在地を大阪市平野区市町に移転
1979年 (昭和54年)
大阪府八尾市竹渕にて八尾工場稼働開始
1995年 (平成7年)
八尾工場増築、組み立てライン拡充
2010年 (平成22年)
順送ラインのプレス機を200tから250tに増強
2013年 (平成25年)
サーボベンダーHDS1303導入
2019年 (令和元年)
ロボットラインを4台ラインから5台ラインに増強